低用量ピルの副作用

Capsule pill

低用量ピルというのは性行為前に服用することで、事前に妊娠防止の効果を発揮してくれる医薬品です。
内服薬であり、体内から吸収されるということもあって、その避妊効果は非常に高くなっています。
また、物であるコンドームのように使用中に破損するということもないので、安心して使用することもできます。
そしてなんといっても男性が着用するコンドームとは違って、女性の意思ひとつで避妊することができるという点がたいへんありがたいですよね。
女性にとって頼れる存在となっている低用量ピルですが、やはりどうしても副作用は付いてきます。
現在の低用量ピルは副作用も少なく、安全に服用することができるとされています。
しかし、嘔吐や倦怠感などの副作用は今もなお報告されています。
基本的に低用量ピルを服用することで発症したこれらの副作用は、服用し始めてから最初の頃だけだと言われています。
体が低用量ピルに慣れてくると同時に副作用も治まる傾向にあります。
だからといって安心はできません。
これらの副作用が3ヶ月以上続いた場合は、低用量ピルそのものが身体に合っていない可能性が高いのです。
慣れたら治る、と思いながら服用を続けていると、さらに重度な副作用を招く危険もあるのです。
副作用といっても軽度のものが多いことから、正しく服用している人はあまり気にしないことが多いです。
しかし、副作用が生じている期間などによっては、充分に注意しなければいけないこともありますので、事前にまずしっかり副作用に関する情報を調べておく必要があるでしょう。