低用量ピルの副作用

Capsule pill

低用量ピルは避妊薬としてたいへん優秀ではあるのですが、嘔吐など軽度の副作用を生じることもあります。またこれらの症状が3ヶ月以上続いた場合、身体に合っていない可能性もあるので医師に相談してみましょう。

この記事の続きを読む

医薬品には必ず付いてくる

girls with higher muzzle

さまざまな病気が確認されていますが、医療の発達によって各病気に対する治療薬というのが次々と開発されています。
ある特定の症状に特化したものも多く、その効果はやはり絶大なものです。
病気の重さにもよりますが、たいていは適した治療薬を用いることで治療することが可能となっています。
医薬品といえば副作用について危惧する人も少なくありません。
一般的に「用法用量を守って正しく服用すれば副作用の危険は少ない」と言われていますよね。
確かに重度な副作用はこれによって発症を防ぐことができます。
しかし、医薬品の中にはどれだけ正しく服用しても軽度の副作用が生じるものだってあります。
たとえば風邪薬を服用したあと、睡魔に襲われるという経験をしたことはありませんか?
これも立派な副作用のひとつです。
このように、医療が進歩していることから副作用に関してもだいぶ抑えられてきていますが、どうしても発症してしまうものもあります。

避妊薬として有名な低用量ピルですが、こちらも立派な医薬品のひとつです。
そのため低用量ピルであっても副作用を生じる可能性というのは否めません。
低用量ピルは高い避妊効果を持っており、体内から吸収する内服薬であることからコンドームとは失敗することはほとんどありません。
女性の意思ひとつで避妊ができるという点でも大きく、愛用している女性も多いかとは思います。
そこで今回は低用量ピルの副作用について、今一度見直してみましょう。

the pills are blue, white and yellow

喫煙者の服用は危険?

drugs

喫煙者が低用量ピルを服用することは危険とされており、一定以上の規定に当てはまる人は低用量ピルの服用を禁止されているほどです。副作用の域を超え、命に関わる問題にも発展しかねないので充分に注意しましょう。

この記事の続きを読む

通販サイト利用について

beautiful girl with long hair

現在、低用量ピルをはじめとする医薬品を通販サイトから購入することが可能となっていますが、その場合、服用に関してはすべて自己責任になります。誤った服用をして副作用が生じても自己責任となるので気をつけましょう。

この記事の続きを読む